IRポリシー

当社は、IRに関する基本的な考え方や取組方針をIRポリシーとして定めております。

1. 目的

IR活動を通じ、株主・投資家および証券アナリストの皆さまに対し、経営戦略および財務・業績状況等に関する情報を適時・適切に提供いたします。その内容を的確に理解していただけるように努めていくことで、皆さまからの信頼と適切な評価を得ることを目指しております。

2. 基本方針

決算情報の開示にあたっては、東京証券取引所の定める規則や金融商品取引法などの法令に従って行い、義務がなくても全ての投資家・株主にとって開示が有効と思われる情報に関しては、積極的に開示いたします。

3. 開示方法について

金融商品取引法に基づく情報開示は、金融庁の提供する「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」(EDINET)を用いて行います。

有価証券上場規程に基づく情報開示は、東京証券取引所の提供する「適時開示情報伝達システム」(TDnet)を用いて行います。
また、適時開示規則に基づく開示事項に該当しない情報を開示するに当たっても、適時開示の趣旨を踏まえ、適切な方法により当該情報が投資家の皆様に伝達されるよう配慮いたします。

但し、当社ホームページの情報掲載が都合上、遅れる場合がありますことをご了承ください。

4. 業績見通しについて

当社の主たる事業である商品先物取引業は事業の特性上、営業収益において、商品市況、為替相場等の市場環境の動向により大きく影響を受ける傾向にあります。当社はこの状況において、業績予想を適正かつ合理的に行うことは非常に困難であることから、業績予想の開示・公表は、株主・投資家の皆様の合理的な判断の形成に有用とはいえないと判断されるため、業績予想の開示を控えさせていただいております。それに代えて、決算数値が確定したと考えられる時点で四半期及び通期の業績速報値の開示を実施いたします。