ホーム

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・資料請求
  • 商品先物取引相談口
  • 中文市场行情
文字の大きさ
  • 標準
  • 大きい

「お客様第一主義」を実践する豊商事株式会社

  • 会社情報 豊商事のご紹介
    • 豊商事の特色
    • 代表のご挨拶
    • 企業理念
    • 沿革
    • 会社概要
    • 組織図
    • 支店ネットワーク
  • 事業内容 商品・サービスのご紹介
    • 商品先物取引
    • FX・CFD取引
    • Yutaka24
    • ゆたかCFD
    • 金地金販売
    • 金庫番
    • プラチナ倶楽部
  • IR情報 株主・投資家の皆様へ
    • 経営方針
    • IR資料
    • 株式情報
    • 財務・業績
    • IRカレンダー
    • 電子広告
  • 採用情報 求職者の皆様へ
    • 新卒採用
    • 会社情報
    • 募集要項
    • お問い合わせについて

マーケット情報

商品市況分析一覧

マーケット情報

  • 国内商品・相場情報
  • 海外商品・相場情報
  • 主要相場情報(為替・株式)
  • 経済指標カレンダー(為替関連)
  • 経済指標カレンダー(先物関連)
本日の見通し
商品市況分析一覧
動画配信プログラム
Yutaka Market TV
  1. ホーム
  2. マーケット情報
  3. 商品市況分析一覧
市況・本日の見通しは弊社アナリストが個々の判断に基づき作成したもので、相場の動向を保証するものではありません。売買に際しての最終的判断は、あくまでもご自身でご決定ください。

穀物関連

一般大豆・とうもろこし2019年7月16日 08:50 更新

【一般大豆】
シカゴ市場は2日分の入電で上昇している。
米国で発生しているハリケーンが穀物地域に降雨をもたらし天候リスクが後退するとの思惑で上値が抑えられた。
東京市場は商いに乏しい状況が続いており、新規の商いに期待したいところ。
本日の採算は90円前後安。


【とうもろこし】
シカゴ市場は2日分の入電で下落している。
金曜の取引では高温予報やテクニカルな買いで上昇していたが、月曜の取引では
天候回復や作況がよくなるとの見方から売りが先行し値を下げた。
国内市場は金曜の夜間取引で25500円を突破する動きを見せた。ただ、本日の採算ではマイナスになることから再度25000円を探る動きが考えられる。
米国の天候リスクも後退していることから売りに妙味がありそうだ。
本日の採算は先限で70円前後安。

■ 市況・本日の見通し
  • 【一般大豆】

    NEUTRAL
  • 【とうもろこし】

    NEUTRAL

パーム油2019年7月11日 12:00 更新

 CPO市場は、マレーシア6月パームオイル在庫が高い水準を維持していることから小幅安となった。昨日に発表されたマレーシアパームオイル局(MPOB)の統計によると、6月末時点のパームオイル在庫は先月比で0.97%減の242万トンとなった。生産量は152万トンと5月より9.2%を減少したが、輸出も同19.4%減の138万トンとなったことから、国内の在庫高及び需給緩和が引き続きパームオイル価格の圧迫要因となった。中心限月9月限は1,937RM (50558円)で取引を終えた。
 シカゴ大豆は米農務省の需給報告を控え、ポジション調整から続伸した。市場では米中貿易協議行方にも関心が集まり、様子見ムードが強まった。

■ 市況・本日の見通し
  • 【パーム油】

    BEAR

貴金属関連

金・白金2019年7月12日 08:15 更新

【NY金】
 NY金は反落。
 時間外取引では、米連邦準備理事会(FRB)の利下げ見通しを受けて3日以来の高値1429.4ドルを付けたのち、上げ一服となった。日中取引では、米消費者物価指数(CPI)のコア指数が予想以上に上昇し、ドル高に振れたことを受けて売り優勢となった。
 本日の寄付きは、-20~-30円ほどと予想。

【NY白金】
 NY白金は続伸。
 時間外取引では、米連邦準備理事会(FRB)の利下げ見通しによるドル安を受けて堅調となり、5日以来の高値836.2ドルを付けた。日中取引では、米消費者物価指数(CPI)のコア指数が予想以上に上昇し、ドル高に振れたことを受けて戻りを売られた。
 本日の寄付きは、変わらず~-10円ほどと予想。

■ 市況・本日の見通し
  • 【金】

    BULL
  • 【白金】

    BULL

エネルギー関連

ガソリン・灯油・原油2019年7月16日 08:30 更新

 12日のNY市場は、熱帯低気圧の接近に伴う影響と、世界的な石油需要鈍化を背景とした売り買いが交錯し、ほぼ変わらずの動き。熱帯低気圧「バリー」がハリケーンへと勢力を増し、石油施設が集中するメキシコ湾岸に上陸する見込みとなっていることから、石油関連企業が操業停止を余儀なくされ、供給減少を懸念した買いが入り、原油相場は堅調な動きを見せた。しかし、国際エネルギー機関(IEA)が12日公表した月報で、世界的な供給過剰が続き、国際市場の在庫が大きく膨らむと指摘したことが相場の重荷となり、60.21ドル(+0.01ドル)で取引を終えた。
 15日のNY市場は、中国景気への先行き懸念や、ハリケーンの影響が軽微との見方から、反落。中国国家統計局が15日に発表した2019年4~6月期の国内総生産(GDP)が、実質ベースで前年同期比6.2%増加となり、成長率は1992年以降で最低となったことから、米国との貿易摩擦による影響が懸念され、原油相場は売られる動きとなった。その後やや巻き返す動きが見られたものの、前週末にハリケーンとして米ルイジアナ州に上陸したバリーが、熱帯低気圧に勢力を弱め、稼働停止していた石油施設の一部の稼働再開が報告されたことから、供給に与える影響は軽微との見方から、目先の利益を確定する売りが入り、59.58ドル(-0.62ドル)で取引を終えた。
 本日東京市場、-900~-1,000円ほどと予想(12日帳入値段との比較)

■ 市況・本日の見通し
  • 【ガソリン】

    BEAR
  • 【灯油】

    BEAR
  • 【原油】

    BEAR

非鉄・ゴム・その他

ゴム2019年7月16日 08:45 更新

 12日の東京ゴムは反落。上海ゴム夜間相場の軟調地合いを引き継ぎ、売りが先行して始まった。その後は、売方がポジション調整に動き、下げ幅を縮めたが、戻し切れなかった。中心限月12月先ぎりが前日比1.9円安の175.3円で取引を終えた。TSR20は、動意を欠いた。2020年1月ぎりが前日比0.1円安の153.0円で取引を終えた。

■ 市況・本日の見通し
  • 【ゴム】

    BULL

豊商事の商品先物取引はこちら 商品先物取引の概要、上場商品の基礎知識などを掲載しております。

商品先物取引に関するお問い合わせ

商品先物取引についてお分かりにならないこと、お困りの点などございましたら、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

全国の本支店にてお問い合わせを承っております。

受付時間:
月~金曜日(祝祭日を除く)
AM 9:00~PM 6:00

お近くの支店はこちら

インターネットからのお問い合わせ

インターネットからのお問い合わせは、下記のフォームより24時間承っております。

お問い合わせフォーム

商品先物取引相談窓口

お取引前のお客様

お取引中のお客様

豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、当社の重要事項説明を十分にお読みいただき、投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。
※また、本ページ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに当社が作成したものですが、その内容及び情報の正確性、完全性又は適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。
※ページ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

  • サイトマップ
  • ご利用条件
  • 情報セキュリティ基本方針
  • 個人情報保護方針
Copyright (c) 2010-2016 YUTAKA SHOJI Co.,Ltd All rights reserved.